カードローンの基本知識を知ってますか?かなり利便性が高いから驚きです

カードローンの基本知識を知ってますか?かなり利便性が高いから驚きです

MENU

カードローンとは

今やカードローンという言葉も世の中にかなり浸透してきました。どんなものかを知っている人も結構多いのではないでしょうか。これもテレビなどで数多くのCMなどが流れていることも影響していると言えそうです。

カードローンは銀行や消費者金融に信販会社などが発行しているカードで、カードを一枚持っていると担保も保証人も不要でお金を借りることが出来る便利な融資専用のものとなります。

何かを購入するから何かをしたいからといった目的がある場合にしかお金を借りることができないというものではなく、どんなものに利用しても良いフリーな使い方ができるローンとなります。

もちろん、カードローンを利用するのには審査がありますが、審査をスルーすることさえできればいつでも予め設定されている枠内の金額であれば何度でも借り入れと返済が繰り返し行うことが出来るものとなっています。

借り入れをするたびに申告をしなくてはいけないことはなくカード1枚さえあれば手軽に利用することが出来るのです。カードローンの返済方法は基本的にリボルビング払いとなっていることが多く、返済額は毎月定額となっています。

お金を借りる方法は他にもキャッシングなどもありますが、一般的にカードローンのほうが金利が低い傾向にあり、とくに銀行のカードローンは消費者金融などと比べると相当に金利が低くなっているので銀行の中でも人気商品となっています。

今では使い道が決まっていなくても何かの時のためにお守りのように一枚持っておく人も多いようです。

誰でもカードローンは使える?

カードローンの基本は誰でも気軽に申し込めて誰でもが簡単に利用できるという点にあります。その気になれば即日でも発行してもらえるカードローンも存在しています。

しかし、実際は絶対に誰が申し込みをしても必ず利用できるものだとは限りません。

契約を出来ない人もいるのです。カードローンは何だかんだと言っても借金です。借金なので当然、返済が必要となるものです。そのため、お金を貸してもきっちりと返済が出来る人にしか発行されないのです。つまり社会的な信用がある人にしか発行はされないのです。

その意味ではサラリーマンやOLといった定職があり毎月決まって収入が見込める人は全く問題なくカードの作成は可能だと言えます。仕事をしていないで収入がない人、不安定な人には当然、カードは契約できないこととなるのです。

また、同じような意味で年齢の制限もあります。下は20歳以上であると言うこと、上は70歳未満であると言うことも契約の条件になってくるのです。これも返済能力があるかどうかで決められるということになります。

過去において返済の遅れや滞納の経歴がある人に関してもカードローンは利用できない可能性もあります。債務整理や自己破産などの金融事故を起こしてしまった人ももちろん契約することはできないでしょう。

カードローンは信用が大前提として成り立っているのです。万が一でも返済されないような可能性のある人とは契約をしてくれないこともあると言うことなのです。

カードローンとローンの相違点

ローンは昔からある銀行などで利用できる商品の一つです。一般的なローンは目的がはっきりしている目的別ローンというものと使い道が自由なフリーローンに分けられます。

目的別ローンには住宅ローンや教育ローン、自動車ローンやブライダルローンなどがあります。これらは目的が決まっているので請求書や見積もり書の提示、実際に利用した領収書の提示などが必要となります。

必要に応じた金額のみを借りて返済をするといったタイプのローンとなるのです。フリーローンは基本的に何に利用しても良いので見積書などの提出は不要となります。その意味ではカードローンはフリーローンの仲間ということになります。

しかし、決定的に一般的なフリーローンなどとは違うのは、フリーローンなどはローンを組むとあとは返済をしていくだけで再びローンを組もうと思うと新たに申し込みをしないといけないのに比べてカードローンは全くそういうことがありません。

一度契約をしてしまうと、利用の都度で申し込みをしないといけないこともなく利用限度額内であれば何度でも借り入れと返済が可能となっているのです。この点がカードローンの便利で融通が利く点だと言っても良いでしょう。

ただし、気を付けないといけない点は手続きが不要で何度でも借金をしてしまうことにも繋がるのでつい使い過ぎてしまうことがあるという点です。便利で使い勝手が良いカードであっても、そのカードで利用できるお金は借金だと言うことを良く理解しておかなくてはいけないのです。

カードローンとキャッシングの相違点

カードローンは申し込むとカードが発行されて、そのカードを利用してお金を借りることができるという商品です。

近年になってよく耳にするようになったものと言えます。キャッシングは昔からあった仕組みで消費者金融や信販会社などを中心に展開をされていたものです。キャッシングの機能自体は今ではキャッシング専用のカードを発行する消費者金融もありますし、クレジットカードなどにキャッシング機能が付帯していることもあります。

カードローンにしてもキャッシングにしてもお金を借りることができる仕組みを有していることに変わりはありません。どちらを利用するにしても借り入れをするのも返済をするのも銀行やコンビニのATMなどを利用して気軽に利用することが可能となっています。

キャッシングは本来は小口の融資で返済方法は一括返済であることが基本でした。ところが最近は分割での返済やリボルビング払いでも返済が可能となっており、リボルビング払いを基本としているカードローンと分けると言うこと自体が難しくなっていると言えるのです。

つまり、キャッシングもカードローンも大して商品としては差異がないと言うことになるのです。ただし、一般的にはカードローンのほうがキャッシングよりも金利が低いことが多く、銀行ではキャッシングは扱っておらず小口融資の基本的な商品はカードローンのみとなると言うことです。

契約をする際には今の自分に本当に適している商品を選択することが大切なのです。

カードローンとクレジットカードの相違点

財布の中にカードがいっぱい入っていると言う人は多いことでしょう。そんなカードの中にはほとんどの人がクレジットカードの1枚や2枚は入っているのではないでしょうか。クレジットカードは今ではかなりメジャーなカードです。

学生でも持っている人が多いようなので使い方を知らない人はいないでしょう。言うまでもなくクレジットカードのメイン機能はショッピング機能となります。

カードを1枚持っているだけで利用限度額内であればいくらでも買い物が出来るのです。支払い方法は1回払いだけではなく分割払いやリボルビング払いやボーナス払いも可能となっています。

利用してから料金を支払うことになる後払いのカードがクレジットカードとなるのです。カードローンは少し色合いが違ってきます。カードローンはあくまでもお金を借りることが出来るカードです。ショッピングをすることはできません。

もしも、カードローンで買い物をということになるとカードでお金を引き出して、そのお金で買い物をすると言うパターンになるのです。ことショッピングという点でみるとクレジットカードを利用するほうが断然有利です。

1回払いならまったく金利がかかることなく翌月の支払いで終わってしまうからです。クレジットカードもキャシングが出来るカードもあります。

1枚でショッピングもキャッシングもできるのですからとても便利だと言うことはできます。お金を借りるという視点から見ると金利面でカードローンの利用のほうがメリットがありそうです。